カテゴリ:坂( 23 )

真弓坂

坂シリーズに真弓坂を取り上げるのは??と思っていましたが、兼六園が有料化になる前はこの坂も通勤・通学路だったことを思い出しました。
日の出
いつもより早い時間に眺望台についたら朝焼けがとても幻想的で燃えるような空でした。
d0068110_10283336.jpg

真弓坂
兼六園に行く時は必ず石浦神社横の、この入り口から入ったものです。公園独特の草木の臭いが脳裏に残っています。
d0068110_102917.jpg

マユミ
真弓坂の名前となった木はすでに朽ちているようですが、2代目はちゃんと植えられています。
d0068110_10293421.jpg

(05/11/06)
[PR]
by puccinibeck | 2005-11-06 10:30 |

ランドセル坂

十一屋小学校横の八幡神社裏から児童会館の裏あたりに出てくる階段坂。名前が付いていない。通学時間帯に小学生のランドセルが元気よく上っていく後ろ姿が見られるのでランドセル坂と命名。
d0068110_1113445.jpg

法島不動尊のわき水
ランドセル坂を下りたところにあります。崖からわき水が出ていて眼病に効くといわれているそうです。不動尊は、明治44年百間堀埋め立ての際に掘り出されたものだそうです。
d0068110_1115867.jpg

日の出
6:40am。奥医王山あたりから昇ってきています。
d0068110_1121599.jpg

伏見川の桜並木
今年の春、花見に来て意外な穴場だと思いました。
d0068110_1123346.jpg

伏見川
川の両岸の道は自動車が通行止めになっているので、のんびり散策できます。
d0068110_112542.jpg

(05/11/05)
[PR]
by puccinibeck | 2005-11-05 11:02 |

木曽坂

宝円寺と紫錦台中の谷間に木曽坂がある。普段薄暗く木曽の山中のようであると名付けられたそうです。
d0068110_1117445.jpg

木曽坂周辺
兼六園から八坂を下り八坂五山(前田家ゆかりの寺々)を巡ると木曽坂に行きあたります。木曽坂の延長が安藤坂という名前になり、上りきるともう大学病院が目の前に見えます。
d0068110_1117556.jpg

美男坂
木曽坂を本流にたとえるならその支流にあたる坂が何本かあります。紫錦台中学校の横から木曽坂に通じています。名前が付いていないようなので美男坂と命名しました。見事なサネカズラが門扉に絡まっているお宅があったからです。
d0068110_1118656.jpg

サネカズラ
昔この実をつぶし水で薄めたネバネバした液体を髪につけて整髪料としたそうです。だから美男葛とも呼ばれています。
d0068110_11181971.jpg

ヒヨドリ坂
宝円寺へ抜ける階段の坂です。ここも名前がないのでヒヨドリ坂にしました。もちろんヒヨドリジョウゴのあるお宅があったからです。
d0068110_11183478.jpg

ヒヨドリジョウゴ
d0068110_11184813.jpg

(05/11/04)
[PR]
by puccinibeck | 2005-11-04 11:19 |