カテゴリ:坂( 23 )

暗がり坂 part2

予告3月1日よりアイガング2006に引っ越しいたします。
---------------------------------------------------------
金沢三十三観音の源法院を探しているときに見つけた坂です。暗がり坂よりも橋場町寄りにあります。
d0068110_10231247.jpg

隣の暗がり坂と雰囲気はよく似ているが、より道幅が狭い坂です。
d0068110_102325100.jpg

古老に坂の名前を尋ねてみると、名前は付いていないようで、暗がり坂よりかなり後からできた坂だとか。
d0068110_10233878.jpg

(06/02/27)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-27 10:23 |

暗がり坂

この坂を一度通ってから、尾張町から中の橋方面に行くための近道なのでよく利用している坂です。
d0068110_10363533.jpg

写真で見てもそんなに暗い感じはしないけど、暗がり坂と平行してある無名の坂(次回掲載します)の方がもっと暗いイメージがあります。
d0068110_1036462.jpg

「久保市乙剣宮より主計町に通じる小路を指し、日中も日の当たらない暗い坂道なのでこの名で呼ばれている。暗闇坂ともいう。」石碑より
d0068110_10365512.jpg

予告3月1日よりアイガング2006に引っ越しいたします。(06/02/26)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-26 10:37 |

宝円寺裏門坂

この坂の名前がわかるまで時間がかかりました。近所の人に聞いてもわからず、図書館で調べた本に出ていました。
d0068110_1046090.jpg

木曽坂の途中を左折してみどり坂を上りきった所から、宝円寺裏門坂が見え前方に卯辰山が見えたりして情緒のある坂です。
d0068110_1046899.jpg

名前の由来となった宝円寺の裏手の墓地が見えます。
d0068110_10461595.jpg

21世紀美術館・茶室「松涛庵」に咲くマンサク
d0068110_10462348.jpg

(06/02/20)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-20 10:46 |

蛤坂

犀川大橋から川沿いに寺町に上がる坂が蛤坂です。
d0068110_10523497.jpg

加賀藩前期に妙慶寺坂といったが、享保16年の火災後、蛤が口を開いたようになったのでこの名がついた。(石碑より)
d0068110_10524326.jpg

現在は家やビルが建っているので蛤が開いたような広い感じはありません。昔、道路が交差しているところに火の見櫓があったような気もする。
d0068110_10525115.jpg

山錦楼
d0068110_1053177.jpg

妙慶寺
d0068110_105395.jpg

(06/02/09)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-09 10:53 |

甚兵衛坂

清川町の金沢リハビリテーション・アカデミー横から寺町5丁目に上る坂がこの甚兵衛坂です。細い小路を入っていくので、行き止まりではと思ってしまいます。
d0068110_10422236.jpg

坂はコンクリートの階段でN字に折れています。
d0068110_10423190.jpg

江戸時代後期にはすでに地図に存在していたようです。
d0068110_10424014.jpg

寺町に出て左手には、寺町5丁目緑地があり中原中也の「金沢の思い出」石碑が建っています。
d0068110_10424987.jpg

(06/02/06)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-06 10:43 |

新桜坂

桜橋から寺町に行くには桜坂、石伐坂(W坂)と新桜坂があります。車での往来は多いものの歩いて上り下りする機会はあまりないのではないか。
d0068110_10543424.jpg

自動車の渋滞や騒音さえ我慢すれば、見晴らしのいい坂です。真下には犀川が流れ、遠くに戸室山が見えます。
d0068110_10544220.jpg

犀川大橋から片町の歓楽街が見渡せます。空には真夏に見るような雲が見えました。
d0068110_10544922.jpg

桜のレリーフが施された手すり。
d0068110_10545649.jpg

(06/02/04)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-04 10:55 |

牛坂

小立野2丁目から旭町まで長さが700m近くある一直線の坂が牛坂です。(1/29撮影)
d0068110_15163046.jpg

近年の拡幅工事により2車線になっています。
d0068110_15163987.jpg

今回、牛坂をはじめて歩いて(車じゃなく)上りましたが、好天のせいもありとても見晴らしがよかった。
d0068110_15164842.jpg

登り切ったところに歩行者専用の近道を見つけました。今度来るのが楽しみ。
d0068110_15165652.jpg

(06/02/01)
[PR]
by puccinibeck | 2006-02-01 15:17 |

鶴間坂

金沢商業高校裏から旭町へ下りる坂が鶴間坂です。
d0068110_11381093.jpg

何年か前までこの坂は車での通行もでき、中腹にあるヘアピンカーブで何度も切り返した覚えがあります。
d0068110_11381719.jpg

その昔、近辺の各地より、鶴が舞っているのを見物に人々が訪れたところからその名が付いた、というようなことが石碑に書かれています。
d0068110_11382465.jpg

「谷間の鶴」という開くと花弁のしわや縮れが目立つ品種のツバキがあり、この原木がある義堅院(青雲寺)が鶴間坂の下にあります。このツバキの名前も、鶴間谷にあったことから、この地名を逆に読んでつけたそうです。
d0068110_11383237.jpg

(06/01/29)
[PR]
by puccinibeck | 2006-01-29 11:38 |

子来坂

宇多須神社横から宝泉寺に向かうには、子来坂(こぎざか)を登っていきます。
d0068110_1133392.jpg

「慶応3年卯辰山が開拓された時、作業に出た住民多数が子供が来るように賑やかに登ったのでこの名前がついた。今はこらい坂と呼んでいる。」石碑より
d0068110_113401.jpg

宝泉寺から見下ろされる光景に、金沢独特の民家の瓦屋根があります。その屋根の雪もだいぶ少なくなってきています。
d0068110_1135297.jpg

宝泉寺のトベラの実がはじけて真っ赤に色づいています。
d0068110_114025.jpg

昨日のこれ何だ?は練炭火鉢でした。
(06/01/20)
[PR]
by puccinibeck | 2006-01-20 11:06 |

大乗寺坂

本多町から大乗寺坂を上って出羽町→石引→新坂あたりをウォーキングしてきました。
d0068110_11283221.jpg

「慶長から元禄年間に曹洞宗の大乗寺(現在は長坂)が坂下にあったので、この名前が付いた。」石碑より
d0068110_11284037.jpg

除雪が行き届いていないので、坂道はとても歩きにくい。
d0068110_1128472.jpg

坂の途中、二股に分かれた坂を上ると金沢三十三観音の一つ大悲山長谷寺の跡があります。
d0068110_11285453.jpg

坂の上から県立工業高校の校舎とその向こうに寺町大地が望める。
d0068110_1129275.jpg

(06/01/10)
[PR]
by puccinibeck | 2006-01-10 11:29 |