六斗広見

広見は火災に備え、類焼を防止する目的に設けられた、火除け地です。六斗広見は金沢で最も大きな広見です。
d0068110_11315961.jpg

「平安時代の末に六動太郎光景という武士が住み、その付近に樹木が生い茂っていたので六動林と称され転じて六斗林の名前になった」石碑より
d0068110_11321119.jpg

朝のラッシュ。弥生小学校前の歩道橋より
d0068110_11321953.jpg

(06/01/17)
[PR]
by puccinibeck | 2006-01-17 11:32 | ウォーキング
<< 銭がめ 氷見海岸 >>